船橋市で遺言公正証書を利用した親からの円滑な相続をお考えであれば、ご相談ください。千葉市・市川市・浦安市など船橋市ほか千葉県内に対応。

遺言公正証書で親からの円滑相続を実現します

公正証書遺言@安心サポート船橋

千葉県船橋市本町1丁目26番14号サンライズ船橋401(船橋駅徒歩4分)

船橋つかだ行政書士事務所(千葉県船橋市)

出張サポート対応OK

ご自宅、施設、病院でも大丈夫

【受付時間】平日9~20時、土日9~16時

047-407-0991

市川の遺言書

遺言書の作成に実績ある行政書士事務所(船橋駅から4分)

市川の遺言公正証書作成サポート

市川市にお住まいの方への遺言公正証書サポート

ご両親の遺言公正証書を作成することが必要となっている市川市にお住まいの方へ、遺言書の原案作成、必要資料の収集、公証役場の連絡・調整までを、遺言実務に詳しい専門の行政書士に任せることにより、ご希望の遺言公正証書がスムーズに作成できる安心サポートについて、ご案内させていただきます。

市川市からのご利用にも便利な船橋駅から4分に事務所があります。遺言についてのお打合せは、船橋の事務所ほか、ご自宅、病院、施設へ出張して行なうこともできます。

市川市の遺言

市川市の遺言書作成

円滑な相続の準備に役立つ遺言書の作成を、安心してお任せいただけます。市川市の遺言作成。

専門家の安心サポートによる遺言公正証書の作成

市川市での遺言書作成サポート

ご自宅、施設、病院で遺言書を作成することもできます

ご両親の遺言書作成をお考えになられている市川市のあなたへの遺言書作成サポートです。

市川市内はもちろんのこと、千葉県内の病院、施設への出張によるお打合せにより、遺言者のご負担をなるべく軽くして、安心して遺言公正証書の作成をすすめられます。

なお、遺言者の方の入院されている病院などが市川市以外であっても、ご心配は要りません。こちらから出張で対応できる範囲内であれば、遺言書作成サポートをご利用いただけます。

当事務所は市川駅の隣り船橋駅(徒歩4分)にありますので、市川市からのご利用も便利です。

ご両親からの相続手続きを遺言書の作成でスムーズに

相続の起きたとき、亡くなられた方の遺言書が存在していない場合は、すべての相続人による遺産分割協議が必要になります。

そうしたとき、できるだけ早く、しかも円満に、相続の手続きを済ませたいとのお気持ちは、誰でもお持ちになられているものです。

しかし、現実には、なかなか容易に遺産分割についての協議が進展しないこともあります。

相続人間による協議では、円満な解決を図れないことも起こります。そのようなときは、家庭裁判所において、調停による手続を行なうことになってしまいます。

しかも、裁判所で調停を行なうと相続の問題が直ちに解決するわけではありません。

相続後に調停にまでなる事態を避けるためには、遺言書の活用が有効であるとされます。

遺言書がある場合は、まずは、その遺言書の内容に基づいて相続を実現することになります。ただし、遺言書の作成では、遺留分へ配慮することも大切であると言われます。

遺言書によって遺産全部の相続手続が済めば、相続人間での遺産分割協議は不要となります。

このようなことから、相続人らで円滑な相続の手続きが可能となるように、遺言書を活用することが近年では増えてきています。

とくに、遺言書として高い信頼の置かれる公証人の作成する遺言公正証書は、作成する件数が増加傾向にあります。

遺言書の作成は易しく見えますが、遺言の作成実務に関する知識も必要になります。

遺言実務に詳しい専門家へ遺言書の作成をご依頼されることで、安心して作成できます。

また、第三者である専門家が遺言書の作成に関与することにより、他の相続人からも安心していただける面もあるようです。

もし、遺言書が必要になる状況にあるときは、適切にその作成をすすめることが大切です。

[市川市の遺言公正証書作成サポート]

遺言書は「できるうちに作成しておく」ことが大切です。

遺言書の専門行政書士

『わたくしが、遺言をサポートさせていただきます。市川市から近くですので、ご相談ください。』

→ご挨拶・略歴など

遺言書に定める内容は、遺言者が考えて作成するものですが、実際に遺言書を利用するのは相続人(受遺者)になります。

そのため、遺言書の必要性を強く感じているのは、遺言者よりも、むしろ相続人の側であることが現実です。

こうした遺言書を遺言者がいつ作成するかは分かりません。

ご本人にとっては、遺言書はいつでも作成できるという気持ちがありますので、先伸ばしになる傾向があります。

また、「将来の状況を見極めたうえで遺言書を作成したい」と考えて、直ちに着手されないこともあります。

しかし、そうしたことで遺言書を作成する機会を失してしまうこともあります。

人間は高齢になってくると、だれでも健康状態が衰えていき、判断能力も失われていきます。

そうなってきても、まだ遺言する能力を失くさないこともありますが、認知症などにかかり、いざ作成するときには遺言能力が不十分となって遺言書の作成に支障が出ることもあります。

早い時期に遺言書を作成しても、あとで遺言内容を変更することは可能になりますので、できるだけ健康であるうちに確かな遺言書を作成しておくことが望ましいと言えます。

遺言書が必要となったときには遺言者となるご両親の病状がかなり悪くなっており、遺言書を作成できるか心配で困っておられるご家族からのご相談も珍しくありません。

いま、遺言書の必要性を感じているのであれば、遺言書を作成できるときに、早めに作成をされておかれることをお勧めします。

当事務所は市川から近くにありますので、ご利用ください。

遺言公正証書のサポート(市川)

遺言者へのご負担を軽くし、スムーズに公正証書遺言できる「出張型」遺言書サポートなど、あなたのご両親の遺言書作成を親身かつ丁寧にサポートさせていただきます。

遺言の作成に実績ある専門の行政書士事務所であるため、安心してご利用いただけます。

市川市で遺言公正証書をお考えになられているあなたへ

このようなとき『遺言の安心サポート』が役立ちます。

市川市の遺言サポート

  • 相続手続のときに、相続人の間でゴタゴタしたくない。
  • とくに住宅の相続は、明確にしておきたい。
  • 遺言書は、公正証書に作成しておきたい。
  • 両親に負担をかけずに遺言書を作成したい。
  • 第三者である専門家を利用することで安心できる。

遺言者のご負担を少なく|市川の遺言書作成サポート

相続時の手続を円滑に行なうためには遺言書を準備しておくことが有効だと分かっていても、遺言書を作成するために、ご両親に大きな負担をかけるわけにもいきません。

特に、高齢になられて病気であったりすれば、ご本人が遺言書を作成するために公証役場へ出向くこと自体が、大きな負担となってしまうこともあります。

そのようなことで遺言書の作成をすすめることができずにお困りのあなたへ、遺言実務に詳しい専門行政書士が、あなたのご両親の遺言公正証書の作成を丁寧にサポートいたします。

遺言についての確認、資料収集の代行、公証人との事前調整などを専門行政書士が行なうことにより、スムーズに遺言公正証書の作成をすすめることができます。

遺言書作成サポートの内容
  • 遺言書(公正証書)の作成にかかるご相談
  • 公正証書による遺言の原案作成
  • 公証人との遺言に関する打合せ、調整
  • 必要資料の収集サポート(戸籍謄本・除籍謄本、不動産の登記事項証明書の取得)
  • 公正証書の作成における立会い(証人1名として)

遺言書作成サポートのご利用料金|市川

遺言書作成サポートのご利用料金は、下記のとおり、定額料金となっております。

遺言する項目、相続人数、資産評価額の多寡で料金が割り増しになりませんので、あらかじめ決まった料金額によって遺言書作成サポートをご利用いただくことができます。

病院や施設などにお伺いしてお打合せ、遺言書の作成を行なう場合は「出張型」となります。

市川市外への出張にも対応させていただきます。また、出張型には出張費も含まれています。

下記の料金のほか、実費として、遺言の内容に応じて公証役場で定める公証人手数料が要ります。公証人手数料は、遺言書が完成した時に公証役場へ納付いただくことになります。

このほか、戸籍謄本、登記事項証明書など、必要書類の収集代行があった場合には、その取得分にかかる実費(一通あたり数百円)が必要となります。

公正証書遺言サポートの『安心保証料金』

公正証書遺言の作成サポート

7万2000円(税込み)

公正証書遺言の作成サポート(出張型)

9万3000円(税込み)

*「出張型」では、市川市内だけではなく、市川市外へ出張することも可能です。

【証人の料金について】

  • 公正証書遺言には、法律で定める要件として、成人の証人2名以上が必要になります。
  • 上記の各料金プランには、証人1名分の料金が含まれます。
  • 2人目の証人も必要であれば、あわせて手配します(実費として6千~1万円程度)
  • 各士業事務所における遺言書作成サービスでは、証人の料金が外枠になっていくことが多く見られ、通常では1名あたり1万~2万円程度の料金が発生します。
[オプション(ご希望者のみ)]相続人の調査
相続人調査

1万9000円(税込)

遺言者のすべての法定相続人を予め戸籍上で確認しておきたいときは、遺言書の作成にあわせて相続人調査を行なうことができます。

遺言者の出生から現在に至るまでの戸籍謄本を収集することで、その時点における相続人となる予定者を確認できます。将来的に相続人が変動することもありますが、基礎となる資料として相続手続のときに役立ちます。

遺言公正証書を作成する機会に、あわせてオプションとしてご依頼いただくことができます。

  • 戸籍取得にかかる戸籍謄本、小為替、郵券代の実費は、別途ご負担願います。

<市川市からのアクセス>

市川市内から当事務所までは、どちらからも近く、便利です。

市川市内各駅からの交通アクセス
  • 市川駅→船橋駅、JR快速6分
  • 行徳駅→船橋駅、メトロ・JR14分(乗り換え含む)
  • 市川大野駅→船橋駅、JR14分(乗り換え含む)
  • 市川真間駅→京成船橋駅、京成12分(乗り換え含む)

JR船橋駅、京成船橋駅から当事務所までは、徒歩4分程度です。市川市からですと、お車でも便利です。

公証役場の選定など

遺言公正証書の作成は公証役場で行われますが、市川市にはJRまたは京成電鉄の本八幡駅から歩いて5分位の位置に市川公証役場があります。

もし、遺言者の方が公証役場へ出向くことができれば、市川公証役場の利用が便利です。

また、遺言者のご希望に応じ、公証役場から公証人が遺言者の自宅、入所施設などに出張して遺言公正証書を作成することもできます。

この場合、公証人手数料割り増しとなり、日当と交通費が加算されることになります。

いずれの方法による遺言書の作成でも、どこの公証役場へ遺言書を作成依頼するかについて、あらかじめご依頼者の方とご相談のうえで決めさせていただきます。

千葉県内には、市川公証役場を含めて公証役場が10か所にあります。

一般には、お近くにある公証役場が便利だと考えられますが、公証役場の混雑状況によって、早めに遺言書の作成に対応できる公証役場に依頼するとの判断もあります。

遺言者の方が病気であるときは、遺言書作成の時期が少しでも遅れることで、遺言者の健康状態が悪化して遺言書を作成できなくなってしまうことも起きるからです。

遺言者の方が市川市にお住まいでも市川以外の公証役場もご利用になれます。

当所サポートは、千葉県の公証役場を中心とし、市川ほか各公証役場に対応しています。

なお、遺言書の完成までに要する期間は、遺言書を作成することを決めた時に、どこまで遺言の内容が固まり、その準備ができているかも、大きく影響します。

公証役場へ提出する書類の準備ができており、遺言する内容も固まっていれば、お申込みから二、三週間程度で遺言公正証書を完成させることができます。

遺言公正証書の作成を急ぎたい事情のあるときは、早めに対応をすすめることが肝要です。

時間だけは後で取り戻すことができません。もし、遺言者の病状が危ない状態にあるときは、少しでも早くご相談ください。

同時に任意後見契約を結ぶこともあります

遺言公正証書の作成にあわせて、遺言者が任意後見契約を結ばれることもあります。

任意後見契約は、あらかじめ信頼できる人(本人の子など)を任意後見人に指定しておいて、将来に本人の精神上の障害によって判断能力が落ちてきた段階で、本人の財産管理と身上監護に関する契約を任意後見人に代理人として任せる委任契約になります。

任意後見契約は、公正証書により契約して法務局に登記する法律上の義務がありますので、遺言公正証書を作成するタイミングに合わせて任意後見契約を結んでおくことが便利なのです。

また、任意後見契約で管理する財産と、相続の対象となる財産は重なることになりますので、上手く連動させて財産を管理できるメリットもあります。

そのため、遺言書の作成時に任意後見契約を同時に結ぶことにより、老後の財産管理から相続財産の整理までを一貫して公正証書契約で定めておくことになります。

遺言書への署名

公正証書による遺言は、公証人が公正証書に遺言の内容を筆記します。そのため、遺言者は、遺言する内容を自書する必要は全くありません。

ただし、遺言公正証書を完成させるときは、遺言者が公正証書に署名と押印することが法定の手続として定められています。

このときの押印は、本人であることを確認する目的も合わせて、実印を使用します

この一連の手続により、遺言者の意思により遺言公正証書が作成されたことを確認します。

なお、遺言者が公正証書へ署名できない健康状態にあるときは、公証人がその事由を付記して署名に代えられる旨が法律に定められています。

こうした手続きは、遺言者に身体機能上の障害があったり、病気であることが理由で署名できない場合に限られます。

遺言書の保管

言公正証書が完成すると、遺言者に対し、公正証書の正本、謄本が各1部交付されます。

その公正証書は、遺言者又は遺言執行者となる相続人らが大切に保管します。

ただし、それらの遺言公正証書を保管者が万一紛失してしまっても、相続の開始後であれば、相続人から公証役場公正証書謄本の交付を請求することができます。

もし、相続人が、遺言者が公正証書遺言していた事実を知らなくとも、公証役場のオンラインによる遺言検索システムを利用して遺言書の有無を確認できます。

遺言公正証書の原本は、作成から20年間又は遺言者が120歳になるまでは公証役場で保管されますので、相続人は、遺言検索システムを利用して遺言書を探し、遺言書が作成させれいるときには遺言公正証書の謄本を公証役場へ請求することができます。

市川からの遺言書作成のご依頼について

船橋の行政書士事務所

船橋つかだ行政書士事務所内
「土日も営業しており、市川からも近くですので、ご予約のうえ、ご利用ください。」

<市川市の遺言書>

ご依頼に際してご不明なことがあれば、お聞きください。

「自分(又は、ご両親など)の遺言書作成について相談したい。」という方で、船橋の事務所までお越しになれる場合は、お電話等でご予約のうえ、お越しください。

遺言についての相談は完全予約制ですので、遺言の作成について落ち着いてお話いただけます。

土日のご相談も、ご予約いただけます。

市川駅からすぐの船橋駅から徒歩で4分ほどに事務所がありますが、お分かりになりにくいときは、お近くに来られてからお電話ください。

初回のお打ち合せから出張による対応もさせていただきますので、ご希望の場合には、その旨をお電話などでお申し出ください。

遺言書の作成に必要となる書類は、お打ち合わせにより遺言の内容を確認したうえでご説明させていただきますので、事前にご用意いただかなくとも大丈夫です。

[市川市の遺言]

【遺言書作成のご相談について】

ご相談は、遺言書作成サポートのなかで対応させていただいております。

遺言書(公正証書)を作成する手順、必要となる書類の説明、遺言の仕方(内容など)のご相談につきましては、無料で対応しておりません。

当事務所の遺言書作成サポートをご利用されるか決めかねている場合には、ご相談のみを有料(一時間まで6千円、出張相談は日当7千円が加算されます)でご利用いただくことも可能です。

遺言書の作成について、ご相談受付中(千葉県)

遺言書作成の専門行政書士

「ご両親の遺言書作成について、丁寧にサポートします。」
船橋つかだ行政書士事務所

遺言書についてのご説明は、ご来所または出張で対応しております。もし、ご相談をご希望されるときは、お電話またはフォームから、ご予約ねがいます。

047-407-0991

営業時間:平日9時~20時|土・日9時~16時

船橋駅徒歩4分(シャポー船橋の改札口側から)

「船橋つかだ行政書士事務所」(千葉県船橋市)

遺言書の作成相談は、サポートご利用者様を対象としておりますので、ご相談、説明だけを希望されるときは、ご相談料が発生します。

遺言に関するお問合せ

ご両親の公正証書による遺言書の作成にサポートが必要であれば、ご連絡ください。【船橋駅歩4分】

遺言の専門行政書士

お問い合せはこちらです

047-407-0991

平日:9時~20時
土日:9時~16時

船橋事務所のご案内

千葉県の船橋駅近くの「船橋つかだ行政書士事務所」は千葉県内どちらからでも、便利にご利用いただけます。

遺言書(公正証書)作成に実績ある事務所

遺言相続の行政書士事務所

JR船橋駅徒歩4分
受付時間(祝日は休み)
  • 平日:9時~20時
  • 土日:9時~16時

船橋駅南口(シャポー側)から徒歩4分程度です。もし、お分かりにならないときは、お電話ください。