船橋市で遺言公正証書を利用した親からの円滑な相続をお考えであれば、ご相談ください。千葉市・市川市・浦安市など船橋市ほか千葉県内に対応。

遺言公正証書で親からの円滑相続を実現します

公正証書遺言@安心サポート船橋

千葉県船橋市本町1丁目26番14号サンライズ船橋401(船橋駅徒歩4分)

船橋つかだ行政書士事務所(千葉県船橋市)

出張サポート対応OK

ご自宅、施設、病院でも大丈夫

【受付時間】平日9~20時、土日9~16時

047-407-0991

遺言の無効確認

相続の起きたときに、遺言書の有効性について、相続人らの間で問題になることもあります。

遺言書の無効確認を求める相続人は、遺言書を有効と考える他の相続人を相手として、遺言無効確認の調停の申し立て又は訴訟を提起することができます。

なお、遺言者の生存中は、遺言無効確認の請求は認められません。

無効となるとき

遺言書は、法律で定める方式にしたがって作成されていることが求められます。この作成方式に不備のある遺言書は、遺言の一部若しくは全部が無効になります。

遺言書は、遺言者の意思に基づいて、相続人らの相続分を指定することなどを目的として作成されますので、すべての相続人から歓迎される内容にはなりません。

一部の相続人に法定相続分を超える財産を相続させる内容としたり、相続人以外の者に財産を渡すことにすれば、他の相続人に必ず不利な相続の内容になります。

実態に合わせて遺言者が相続の公平性を考えても、公平への考えは個人ごとに異なります。

そのため、遺言の内容、遺言書の作成された経緯、作成時の遺言者の状況などによっては、遺言書に基づく相続では不利になる相続人から、遺言書の無効を主張することも起きてきます。

遺言者が相当に高齢であったり、認知症にかかっていたりすると、遺言書の作成時における遺言者の遺言能力が問題になることがあります。

遺言書の作成されたことで利益を受ける者の意向に基づき、遺言者の真意によらず遺言書が作成されたことを疑われることがあります。

また、自筆証書遺言では、法律で定める方式で作成されないことが起きる可能性があります。

遺言書の日付記載に不備があったり、遺言書が遺言者本人の自書であるか疑わしいときには、遺言書の有効性が問われます。

遺言書が無効であることを主張する相続人は、遺言書の有効を主張する相続人を相手にして、家庭裁判所に対して遺言無効確認の調停を申し立てます。

公正証書遺言では公証人が遺言書を作成しますので、遺言書の効力に問題が生じることは少ないですが、遺言者の遺言能力について問題となった裁判も過去にもあります。

船橋の遺言書作成サポート

診断書など

遺言書の有効性が問われる原因が遺言者の遺言能力であるときには、遺言時における遺言者の状況を確認できる医師の診断書は有力な資料の一つになります。

そのため、判断能力が衰えてきている遺言者の遺言書を作成するときには、遺言者に遺言能力が備わっていることを確認できる診断書をとっておくことが実務として行なわれます。

遺言者が認知症にかかっているときには、公正証書による遺言書を作成する際には公証役場から診断書の提出を求められることもあります。

また、遺言者で理解が難しくなるような複雑な内容に遺言書がならないように注意します。

生存中の遺言無効確認

遺言書は、遺言者が死亡したときに効力が生じることが法律に定められています。

〔民法第985条1項〕

「遺言は、遺言者の死亡の時からその効力を生ずる。」

遺言者が生存している間は、遺言者に遺言能力が備わっていると、いつでも遺言書を撤回したり、内容を変更することが認められています。

このようなことから、遺言書で遺贈を指定された受遺者であっても、遺言者が死亡するまでは何らの法律上の権利も生じないと考えられています。

また、遺言書における受遺者が遺言者より先に死亡してしまうと、遺贈の効力も生じません。

以上のようなことからも、遺言者の生存中には、推定相続人などから家庭裁判所に対して遺言無効確認の申し立て等をすることは認められません。

遺言者が心神喪失の常況にあって回復の見込みがなく、遺言の撤回又は変更が行われる可能性が無い場合であっても、遺言者の生存中には遺言無効確認の請求は認められないとされます。

船橋の行政書士事務所

安全な遺言書を作成したいとき、遺言案の作成、役場調整などを専門行政書士がサポートします

手続きは慎重にすすめます

遺言書は相続人にとっては重要な存在となりますので、遺言者は、その作成に細心の注意を払うことになります。

それは、公証役場で遺言公正証書を作成するときにも変わりないことです。

すべての相続人を満足させる遺言書を作成することは難しいことになりますが、なるべく相続時にトラブルが起きることを回避するように努めることは可能です。

もし、相談しながら遺言書の作成を円滑にすすめたいとお考えのときには、専門行政書士による遺言公正証書の作成サポートのご利用もご検討ください。

船橋周辺(市川市八千代市習志野市浦安市、千葉市)ほか千葉県内すべて、近隣都県まで、サポートをしております。

ご事情をお聞きしながら遺言書案を作成することから、公証役場との調整までを専門の行政書士が対応しますので、安心して公正証書で遺言書を作成いただけます。

遺言書の作成について、ご相談受付中(千葉県)

遺言書作成の専門行政書士

「ご両親の遺言書作成について、丁寧にサポートします。」
船橋つかだ行政書士事務所

遺言書についてのご説明は、ご来所または出張で対応しております。もし、ご相談をご希望されるときは、お電話またはフォームから、ご予約ねがいます。

047-407-0991

営業時間:平日9時~20時|土・日9時~16時

船橋駅徒歩4分(シャポー船橋の改札口側から)

「船橋つかだ行政書士事務所」(千葉県船橋市)

遺言書の作成相談は、サポートご利用者様を対象としておりますので、ご相談、説明だけを希望されるときは、ご相談料が発生します。

遺言に関するお問合せ

ご両親の公正証書による遺言書の作成にサポートが必要であれば、ご連絡ください。【船橋駅歩4分】

遺言の専門行政書士

お問い合せはこちらです

047-407-0991

平日:9時~20時
土日:9時~16時

船橋事務所のご案内

千葉県の船橋駅近くの「船橋つかだ行政書士事務所」は千葉県内どちらからでも、便利にご利用いただけます。

遺言書(公正証書)作成に実績ある事務所

遺言相続の行政書士事務所

JR船橋駅徒歩4分
受付時間(祝日は休み)
  • 平日:9時~20時
  • 土日:9時~16時

船橋駅南口(シャポー側)から徒歩4分程度です。もし、お分かりにならないときは、お電話ください。